宝塚退団も名コンビ再び

Primary tabs

這個新聞也是挺好玩的。就像一些日飯講﹝抱怨?﹞的,新聞看似要講和央音樂會超級厲害八分鐘賣完一萬兩千張票,但怎麼後半就完全變成在寫花總。唔,是沒錯啦,不過新聞的標題本來就是和央花總並列,連「名控比」都講出來的,其實各佔一半篇幅並不為過。

關於花總的部份,最有趣的是在於一堆工作邀約她都不答應,偏偏幫襯和央這種顯然沒蝦米賺頭的事情她倒答應了。看來花總如果不是還在待價而沽,就是真心打算退休做家庭主婦了 biggrin 。不過如果要我猜,我猜是後者吧。

 

花總的實力大家有目共睹,如果她有打算發展個人事業,那她現在拿得到的工作邀約,應該幾年前就拿得同等條件的工作,並不需要在寶塚多耗了那麼多年大好青 春。所以花總不像天海和黑木瞳早早跳級畢業,或像其它娘役正常地首席個三五年後退團,反而還一口首席十二年,待到變成最長久的首席娘役,我想應該另有原因。

 

花總退團前提過她曉得留在寶塚娘役是「幫襯」,但因為她就是喜歡男役,所以對於並不是真正的「首席」她個人並不在意。﹝ㄟ,ㄚ到底喜歡哪個 男役,是在幫襯誰,就不用講了吧。﹞再者,「引退」之說應該是來自於花總退團前講過的,她對寶塚以外的舞台沒有興趣。這話其實非常有意思:寶塚舞台跟別人 家的舞台到底有蝦米不同咧?華麗、夢幻這些都可營造,但最根本的不同不是這些,而是寶塚的舞台上只有男役沒有男人咩。難怪和央在茶會上就已經說了,音樂會連伴舞都沒有男人 biggrin,偶看要是有男人,花總大概就不肯來啦,哇哈哈哈。

 

不過偶聲明一下,以上只是猜測如果花總就此引退那可能的原因是蝦米,偶可沒猜測花總會就此引退哦。

 

和央・花總 宝塚退団も名コンビ再び・・・
東京中日東京中日スポーツ 2006.11.1

 

7月に宝塚歌劇団をそろって退団した宙組の元トップコンビ和央ようかと花總まりが共演する来年1月のコンサー トのチケットが、即日完売したことが31日、分かった。和央の芸能活動再開となるステージに加え、退団後は“引退”と見られていた花總も出演するとあって 話題を呼んでいた。主催者も驚くほどのスピード完売だったが、追加公演の予定はない。入手したファンには、うれしい超プレミアチケットと言えそうだ。

公演は、「YOKA WAO CONCERT」。来年1月19日から28日まで、東京・青山劇場で14公演が予定されている。チケットは、28日に電子チケットぴあを通じて前売りがスタート。貸し切り公演4回分を除く約1万2000枚があっという間に完売した。

■チケット即日完売

今回の公演は、退団後の和央が、再スタートを切る仕事。昨年12月にシアタードラマシティで公演中に、骨盤骨折の大けがを負い、舞台を途中で中止するとい う悔しさも味わっただけに、リベンジの思いもありそうだ。青山劇場は、和央がかねて立ってみたいステージだったという。歌劇の小池修一郎氏が演出を?? することが決まり、宙組時代に約6年間コンビを組んだ花總に共演をオファーした。

1991年に初舞台を踏んだ花總は、94年に雪組のトップ娘役に?てきされ、一路真輝とコンビを組んだ。その後、98年に新設された宙組に組替えとなり、初代宙組トップ娘役に就いた後、今年退するまでトップを維持し?けた。

その美ぼうと?力を惜しむ?は多く退?前は、卒業後の仕事の依?や大手プロダクションからの誘いが多?寄せられたが、本人が首を?に振らなかった。それだ けに貴重なステージになりそうだ。ただし、今後、女優として活動するかは不明という。卒業間もないトップコンビの異例の共演ステージが、大いに注目される。